(6)将来値下りする可能性

建物というものは、新築で買ったら、買った途端に「中古」となり、ある程度価格が下がります。

しっかりとした建物(共用部分)の管理がされている場合は、それからの価値の下がり方が比較的ゆっくりになります。

地価に関しては、現在も下落が続いていますが、東京など都市部の中心部に限っては、底を打ち、上昇している箇所も増えてきました

このデフレの世の中ですが、購入した時よりも資産価値が上がっているマンションもいくつかあります。その特徴は、やはりしっかりとした管理がされており、立地的に希少価値がある場所にあります。

逆に地方のマンションなどでは、いまだに下落が続いている所もあります。

将来に渡っての管理や立地、街の発展など様々な要素を検討して、価格下落リスクの少ないマンションに投資することが大切ですね。

戻る←  <目次>  →次ページへ進む